資格の種類を調べよう

国家資格に挑戦してみよう

難易度が高い資格

よく介護福祉士という名前を聞くと思います。・
実は国家資格なので、非常に難しい試験をクリアしなければいけません。
さらに勉強するだけでは足りず、介護の現場で経験を3年以上積み重ねることや、実務者研修の資格を持っていることが条件になっています。
まだ年数が足りないという場合は、試験に向けて今から勉強しておくと良いですね。

長年勉強していれば、試験に合格できると思います。
介護福祉士の資格は必ず持っていなければいけないものではありませんが、転職する時にどこの施設でも採用されやすいと言われています。
また産休や育休で仕事を一定期間休んでいた時に、介護福祉士の資格があれば復職しやすいです。
職場復帰したい人は、取得してください。

経理ができるようになろう

事務関連の仕事の資格もあります。
介護の基本的な知識を持っていることはもちろん、パソコンを使って文章を作成したり経費を管理できなければいけません。
パソコンのスキルも身に付けてから、試験に臨んでください。
介護事務の資格は、種類があります。
実施する民間団体によって試験の内容が少し変わりますが、重要な部分は変わらないと言われています。

自分がこのスキルを主に習得したいと思うものを見つけてください。
パソコンに慣れていない人は、知識を覚えるまでに時間が掛かるかもしれませんね。
全くパソコンに触れたことがない人は、教室に通って勉強するのが良い方法です。
独学では間違って覚えてしまう可能性があるので、気をつけてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る